HYBRID OXY導入事例 Voice.14 三重県 あらおと整形クリニック 院長 荒木 健太郎 先生

総合病院では難しい、慢性的な痛みやリハビリテーションなどの「その後」をフォローしたいと語る荒木先生。
地域の皆さまに恩返しをするため、懐かしい響きの屋号を取り入れたクリニック名に。

全ての治療行為には、分かりやすい説明を行い、患者様一人ひとりのご意見に耳を傾けるだけでなく「心」を傾けてまいります。
約4年間ソフトタイプ酸素カプセルを使用しておりましたが、不具合の多さや患者様に入っていただく際の意外な手間など、「使いやすい」とは言い難かったです。

先日再度不具合が発生し、修理費の見積りをみて、ハード式への買い替えを検討しました。
最近ではどの世代でも何らかのスポーツを楽しんでいる方も増え、それに伴いスポーツによる障害も増加の傾向をたどっています。

今まで1.2気圧までしか設定できませんでしたが、1.35気圧を体験すると「こんなに体感が変わるのか」と素直に驚きました。
私事ですが、約5年前にトライアスロンを始めました。ハードタイプ酸素カプセルの導入を一番喜んでいるのは私かもしれませんね(笑)

スイミング、バイク、ランニングそれぞれ身体の使いどころが異なるがゆえに、スポーツ医としてのよき学びを得ました。
酸素カプセルも新しくなり、これで日々の診療への鋭気を養え、益々トレーニングに邁進できますね。

困っていることがあれば、一度相談してみて下さい。「もっと早く、入れ替えておけばよかった」と、私と同じ気持ちになるんじゃないでしょうか。
あらおと整形クリニック⇒

  • PDF印刷はこちら
  • Get ADOBE READERPDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。Acrobat Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。

 

このページの先頭へ